理容室で理容師を始めました


昨年の春から自分の理容室を開業しました。
まだ始めたばかりで常連のお客様はそこまで多くないため、今は一人で切り盛りしています。

突然ですが、理容室で最もよく出るゴミとは何か分かるでしょうか。タオルについては、使い捨てではなくきちんと洗って使っています。
シャンプーなどが入っているボトルは毎日使うものなのでやはりゴミとしてたくさん出ます。

しかし、それをはるか超える量のゴミがあります。それは「髪」です。
髪を染めたり、パーマをあてるだけのお客様もいらっしゃいますが、たいていのお客様は髪を切られます。

そのため、毎日大量の髪がゴミとして出てしまうのです。では、このゴミはどう処理しているか分かるでしょうか。
実は捨てています。ただ、単純に他のゴミと一緒に捨ててしまっているというわけではありません。

専門の袋に入れて産業廃棄物として処理しなければならないのです。
つまり、普通のゴミと一緒に捨ててはならないということです。

地域によって扱いが違いようで、燃えるゴミとして扱われたり、
燃えないゴミとして扱われたりする所もあるようですが、私の地域ではこのように扱われます。
集めた髪は袋に入れて業者の方に引き取ってもらいます。test

もちろん、タダではありません。毎月、数千円の費用が発生してきます。
「もしかして売って儲けているのでは?」と考えた方がもしかしたらいるかもしれませんが、

このように理容室では、切った後の髪は負担にしかなっていないのです。

開業・理容師の求人に興味のある方はこちら
ヘアモードキクチ理容師求人サイト:募集要項です。