デスクワークの人は要注意!腰痛ってこわい!


af0070000141
パソコンを使う仕事が多くなってからデスクワークをしている人が多いと思います。
デスクワークのほとんどは座っていることが多く、同じ姿勢をしていると肩こりや腰痛が起こります。
それが毎日積み重なっていくと大変なことになるのを、ご存知でしょうか?

パソコンを扱う人が多いことから、パソコン病(デスクワーク症候群)と呼ばれる病気になってしまうのです。
これはインターネット依存症とはまた違います。

<チェックリスト>

・毎日パソコンを8時間以上使う
・パソコンを連続して3時間以上使っている
・夜9時すぎてからもやっている
・ほとんど運動をしていない
【ステップアップ】フジ医療器 マッサージチェアを全面改良 (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

1個でも当てはまればパソコン病です。
パソコン病は私も昔なっていました。特に運動していないのがヒビに入ったようで。
休日にハイキングをしようと頑張って登ったら。腰がとても痛くなってしまったのです。
ひどい時は前に屈むのことさえも辛かったです。医者に行ってみたら、パソコン病と診断されたのです。
このパソコン病は、アメリカで流行っていたためジョギングが流行った引き金となったそうです。

忙しくて運動するのが大変な人は、マッサージに行ってみたり、インナーマッスルを鍛えるストレッチなどをすると
効果的です。私のおすすめは、中央林間にある小さなマッサージサロンです。ハワイアンな気分で極上のリラックス感が味わえます。