東京での常識!ブライダルシェービングで背中は絶対忘れちゃダメ!


ブライダルシェービングで絶対欠かせない部分と言えば、顔と背中と襟足ですね。
顔は自分でもできますが、素人が自己流で処理をしてしまうと、剃り残しがあったり、お肌を傷つけたり、
傷めてしまう場合があるからです。

ブライダルシェービング 東京をすると化粧ノリが良くなるのはもちろん、顔色のくすみが取れて明るくなるので一生に一度の晴れ舞台の前には欠かせません。
また、襟足を含む背中のシェービングは、自分が結婚をする前に友達の披露宴に出席した時に、
背中が開いたドレスを着ていたのにもかかわらず、処理が完璧ではなくとても目だっていたので
絶対に自分の時はブライダルシェービングをしようと心に決めたのです。
実際にお手入れをしたのは式の2日前で、クリーミーな泡を使用したシェービングはあまりにも心地よくdai-0263
夢心地で受けたのを覚えています。

終えた後はどちらもツヤツヤのお肌に生まれ変わり、当日体に水化粧をしてもらった状態は顔も背中もまるで陶器のような仕上がりでした。
それ以降、人の結婚式に出席した際はどうしても背中に目が行ってしまうのですが、背中の産毛は自分では見えないこともあってか、意外と気にしていない人が多く、ウェディングの白さで余計に目立ってしまいます。
その為、結婚を控えた友達には絶対にブライダルシェービングで背中は欠かさないようにと口を酸っぱくして言っているのです。